さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年06月14日

先入観念に ご用心・・・

久し振りに更新した昨日のブログで、「爆笑寄席」に行ったご報告を書きました。
何事もなく、楽しく過ごしたように、見えますでしょ~。

こちらがきのうの記事です。
icon382014 爆笑寄席in函館 に行ってきました♪


でもね、裏話、あるんですよ~(笑)

ここだけの話、で、書いちゃいますicon64

          icon38icon38icon38

爆笑寄席のチケットが当選しまして、我が家に届きまして~。




まるみ「あ!ヒロシが出るんだって~!」

まる夫「お~、ヒロシです。のヒロシか。あいつは面白いよな~。
    よし!見に行こう!」


珍しく、主人が乗り気でして、やった!これは笑いをいっぱいいただいて
元気をもらってこれるゾ~~!と、私も嬉しくてface02

主人は、ヒロシの自虐ネタが大好きでして。
最近、TVでもお見かけしなくなったので、寄席の前日、
youtube で、ヒロシのネタを見て、予習までしていた主人です。(笑)

「ヒロシです。来年 消えるタレントの一覧から、ついに消えました。。。」

などとyoutubeから流れているのを聞いて、笑っておりました。


さて、寄席の当日。
どうせなら、良い席で観たい主人は、6時から開演なのに、ナント!
3時にタクシーを呼んで行こう!と言いまして。。。
すごい気合の入りようicon37

会場のロワジールホテルに着いたら、まだ並んではいなかったけれど、
もう既に待っている方々が何人もおりました。上には上がいる~~!!

私達の前に来たご婦人に主人が話しかけ、

まる夫「今日、ヒロシが出るんですよね!それを楽しみにしてきました。面白いんだよね~!」
ご婦人「そうなんですよね!うちの主人も好きで、楽しみにしてるんです♪」
彼は九州の出身でどうとかこうとか、話が盛り上がってましてicon06

そうこうしているうちに、お弁当が配達され、座席券やパンフレットなどをいただきました。
3時半には いただけたので、開演までは、た~~~っぷり時間がある!

と言う訳で、1階にあるラウンジで時間をつぶすことに。
メニューを見ると、主人の大好きなフラッペがあるじゃないですか!!
瞬時にフルーツの乗ったフラッペを注文して食べてる主人は
ニッコニコで、本当~~に幸せそうで、主人のまわりは、ピンク色でちょうちょが
飛んでるみたいでした。(笑)心の中でスキップをしてるに違いない!!

しばらくしてから、そうそう、今日の出演者紹介でも見ておこうかな?と
何気にパンフレットを取り出して見た私。

そこで、あれ?と思いました。

ヒロシ(HIROSHI)のところに載っていた写真がこちらです。



あれ?ヒロシ、見ないうちに、芸風変わったのかな?


と一瞬思いました。
でも、、、ピアニストって書いてる。。。

と!ここで初めて気づいた私。

「ヒロシ違いだ~~!!」face08face12icon46


この後、我が夫婦にふりかかった災難は、押して知るべし。

主人のまわりのピンク色は、一瞬にして、ダークグレーに変わり、
ちょうちょはいなくなり、スキップしていた心の中の「あんよ」は固まり、
まわりは、凍りついた空気になりました。。。

非常にはっきりしていて、熱ーーーい性格の主人は

「帰る!!違うヒロシを見るために、
1時間半も待ってられるかぁ~!!icon08icon08icon08


いや~~~、参りました。
ま、でも、何とか取りなし、何とか何とか、観て帰る事は出来ましたの。オホホicon10icon10


それにしても、、、
頭の中に、「あの、ヒロシ」 とインプットされてたから、
パンフレットで、上の写真を見ても、

ヒロシ、芸風、変わった?


と、まだ、自分の間違いに気づいてない事が、考えると何だか可笑しいface03

先入観念って、すごいね~~。

いや、まあ、私が天然だからicon10というご意見も一部ありますが~!

まあ、とにもかくにも、無事に見れたから、良かった!
チャンチャン!

(この話を、メールで友人に話したら、ヒロシ違いがツボにはまったらしく、
10分以上笑い転げて、お腹が痛くなった~!ってお返事が来ました。
それだけ喜んでもらえたから、ま、いいか!)face01





  
Posted by まるみ at 14:38Comments(5)エッセイ

2010年04月19日

「あなたの赤い絲物語~絆~」入賞作品展が開催!

いや~、今日はびっくりしましたicon74

今年初めて、函館駅に用事があって、夫と共に
行ってきました。

いつもなら、余り歩けない夫は、車の中で待っていて、
私1人でササっと買ってきて戻ってくるのですが
今日は、たまたま調子が良かったのでしょうか
「一緒に行くよ。」と行って、車から降りた夫。

必要な物を買って、さあ帰ろうという時、夫が
「あれ?【赤い絲物語】って まるみが書いたやつじゃない?」
と言うんですね。
私は、側に貼ってあるJRのポスターを見て
「え?これ、【春の桜物語】って書いてるよ。」
と言ったのですが、夫の視線が上を向いているので
ふと見ると、、、
駅の2階にある、イカすホールでイベントをやっているのが
見えました。

赤い絲プロジェクト
「あなたの赤い絲物語~絆~」入賞作品展


と書いてあります。

「え~~!そんなイベントやってたなんて!!」face08

びっくりしました。

先日、ブログでご紹介しましたように
私の書いた作品が、
【青函ツイン賞】を受賞していまして、表彰状と旅行券を
いただいていた、例の件です。(*^_^*)

その時の記事はこちらです!

icon38 あなたの赤い絲物語~絆~で「青函ツイン賞」を受賞しました。

イベント情報も全く知らなかったのですが、たまたま行って
たまたま見つけてしまったという訳です。

びっくり~~!!

しかも、今日が初日、だったんですヨ。

イベントホールの入り口には、イカのモニュメントが!



さすがは函館、イカの街。





中に入ると、大きなパネルに、1つ1つの作品が書いてあり、
丁寧に取り扱っていただいていたのが嬉しかったです。



入賞作品集も無料で配布していたので、何冊かいただいて
きました。
欲しい方がいらっしゃいましたら、私信でお知らせくださいネ。
(いないかな~~(笑))

ネットでも作品が読めるのですが、
古い人間なのでしょうか、デジタルよりアナログが好きな私は
やっぱりこうして、本になって活字を読む方が落ち着いて読めますネ。



記念撮影なども。(*^_^*)
(いや、こんなことだったら、もっとおめかしして
行ったのにぃ~~!(笑)


そしてね、青森と函館は、平成元年に【青函ツインシティ(双子都市)】として
提携しているのですが、
『青函ツインシティの日』というのが制定されていて
それがナント!11月11日 なんですって!!
今日、パネルを読んでいて初めて知りました。



11月11日って。。。。

そうなんです、私の結婚記念日、なんですよね~~icon06

青函を結んだ不思議な赤い絲のお話を書いた私ですが
結婚記念日と青函ツインシティの日が同じなんて
何だか、ゾクゾクしちゃいました。(笑)


みなさんの家にもこういう偶然ってあると思うのですが
我が家は、たまたま行ってこういうイベントに当たる、とか
偶然っていうことが必然になっている時が結構あるんです。
まる夫君にその力があるらしく。。。(笑)(ナゾ)

とにかく、今日、このイベントを観ることが出来て
とても嬉しかったです!
お近くの方は是非!観に行ってくださいね~~☆
温かい、不思議なお話が沢山ありますヨ♪

     

赤い絲プロジェクト「あなたの赤い絲物語~絆~」入賞作品展

開催場所・日時
  1 JR函館駅2階 イカすホール
     【期間】 
      平成22年4月19日(月)~平成22年4月25日(日)
     【時間】
      午前10時(初日のみ午前12時)~午後6時まで

  2 函館市役所 1階市民ホール
     【期間】
      平成22年6月7日(月)~平成22年6月11日(金)
     【時間】
      午前8時45分~午後5時30分

  3 函館市中央図書館 展示ホール
     【期間】
      平成22年7月15日(木)~平成22年7月20日(火)
     【時間】
      午前9時30分~午後8時 

icon38入賞作品はネットでも読めます。→こちらです。

 
     


駅の2階って 余り行く機会がなかったのですが
2階から見ると、



1階の屋根の上が函館の写真に
なってたんですね~~!ステキ(*^_^*)

帰り、車の中から、モーモータクシーの「赤」を発見!



普通は黒なんですが、牛柄模様が赤のタクシーが1台だけいまして、
これは「ハッピーモーモー」と言って、見るとハッピーなことが
おきるんですヨ!ハッピー♪  
Posted by まるみ at 22:29Comments(12)エッセイ

2010年04月06日

あなたの赤い絲物語~絆~で「青函ツイン賞」を受賞しました。

「あなたの赤い絲物語」~絆 というエッセイを
1月15日~2月28日まで募集していました。

これは、青函ツインシティ提携20周年記念
赤い絲プロジェクトの一環
としてのイベントでした。

私は、函館の広報誌でこのことを知り、応募していたのですが
全国から応募がきていて、全部で990作品も応募があった
そうです。
そして、結果が発表になり、「青函ツイン賞」を受賞することができましたicon74

最優秀賞、優秀賞、入賞とあるのですが、もうひとつ、「青函ツイン賞」という
特別賞がありました。
これは、青森と函館にまわる赤い絲物語を書いた人の中から
選ばれるというものでした。
これなら私も書けるかも~と思って書いたのですが
一番嬉しい賞をいただけて感激です。

それぞれのページで募集内容や作品を読むことができます。
お時間がありましたらどうぞ!
最優秀賞の人のお話は、何だかドラマよりもドラマみたい!!
とびっくりするような内容だったりして。
優秀賞の人のお話は、思わず涙が出てしまったりして。
赤い糸って本当にあるんだな~って思って読んでいました。face01

icon38 「あなたの赤い絲物語」~絆の募集内容

icon38 青函ツイン賞


表彰状と賞品(旅行券2万円分)も送られてきました。





大事に使わせていただきます。(*^_^*)


ブログランキング参加中!

ココビタ ブログランキングに参加しています。
ポチ!としていただけたら まるみが喜びまぁす♪
  
Posted by まるみ at 14:18Comments(11)エッセイ

2010年03月23日

第7回懐かしの青春メロディーを語ろう!【別れ】に参加します!

アセロラ倶楽部さんの名物企画である、
「青春メロディーを語ろう」シリーズ。(*^_^*)

今回のテーマは【別れ】

icon38 別れ、と言えば、どんな曲を思い出し、どんなエピソードが
ありますか?


いろいろな別れがあると思うのですが
私の場合は、社会人になってからの別れのワンシーンを
ふと思い出しましたので、よかったら、読んでくださいネ。





昭和60年4月。
私は20代になったばかりの、新人にちょっと毛が生えたくらいのOLでした。
前年に新しい所属に転勤となり、市内の便のよい支社から
M郡にある営業所の事務員となり、頑張っていたあの頃。
でも、大ベテランの事務員が辞めた後釜でもあり、
通勤するのも大変な田舎町だったので精神的にもキツくて、
「ムリなら辞めよう」
と思っていたあの頃。icon10

そんな時に東京から単身で赴任してきた所長N氏。
一言で言うと、 「ひまわりのような所長」でした。icon01
所長がいると営業所がパっと華やぎ、営業職員さん達の
やる気がドド~ンと3倍増しになるような感じ。
私も「明るくなったね~」って職員さん達に言われるくらい
N所長マジックにかかった1人でした。(*^_^*)

みんなの憧れでもあり、私にとっては仕事を続ける自信を
つけてくれた恩人でもあり、とても尊敬できる上司だった
N所長。
face02

3年後の昭和63年に、東京へ転勤が決まりました。
別れの時です。icon11
上司の転勤は恒例行事なのですが、みんなのショックは
大きかったんですね。

駅へ全員で見送りに。
他の営業所や支社の人達も見送りに来て、
駅のプラットホームは、ちょっとした芸能人でも来て
いるのでは?というような人だかりでした。(笑)

花束の贈呈や、万歳三唱などのお決まりのコースで
見送ったのですが、
そろそろ列車に乗り込むまさにその時です。
ホームに、この曲が流れたのです。

山口百恵さん いい日旅立ち です。


♪ ああ~~~日本のどこかに 私を待ってる 人がいる~~

ホームにいるみんなの目に涙・涙・涙 でした。

所長を見送った後、営業所に戻りましたが、
その日1日、誰も仕事にならなかったことは言うまでもありません。

・・・でも、何であんなグットタイミングに音楽が?

と思ったのですが、実は、JR担当の営業職員さんが
JRの人に頼んで、流してもらったんです。

ステキな演出だな~と感動しましたicon74

その後も、何十人もの上司や仲間を見送りましたが
この時ほど、感動した「別れ」のシーンはなかったですね。

もう、20年以上も前のことなのに、
そのシーンは、いい日旅立ちの曲と共に鮮明に覚えています。


P.S
余談ですが、その後、N所長の身上にはいろいろな事がおきまして、
会社内ではいい事も沢山あったのですが、
私的面では、離婚や死ぬほどの大病、そして退職。
しばらくして再婚。

「いい日旅立ちは いい曲だよね~」face02

と、今も言っています。
あれから20数年経ち、私の隣でそう言っているのは
当時のN所長であり、私の旦那様です。

人生って不思議です。(*^_^*)





いい日旅立ちの試聴は こちらからどうぞ(*^_^*)
icon38  http://www.youtube.com/watch?v=nK9yTUGcjhg


【第7回懐かしの青春メロディーを語ろう!別れ】オリジナルアセロラ商品プレゼント☆ ←参加中




  
Posted by まるみ at 00:30Comments(15)エッセイ

2006年11月23日

さがしく かかれ~

私は、一人暮らしをしている父の元へ
ちょくちょく帰っているのですが
ある日の夕飯の時の会話です。

「お父さんには なんぼ 口きいてもいいから
だんなさんの前では ハイ ハイって言うこと聞いて
かわいがってもらえよ~。さがしくかかれ~

と言ってくれたことがありました。
私は、夫とケンカしたとか、そういうことは一切
父の前では言ったことがないのですが
きっと、私の言葉の端々で、何か感じたことがあったのでしょうか。

「さがしく かかれ~」というのは、津軽弁で、
「賢くしてなさい。」という意味です。
自分が正しいとか間違っているとかではなくて
常に一歩引いた、奥床しい女性でいなさい。それが
真の賢い女性だということを 一言で言った
実に的を射た いい言葉だと思います。

親でなければ、こういう愛のある言葉を言ってくれることは
ないと思います。

私は人間がまだまだ出来てないので
分かっていても、カっとしてしまうことがある。
そんな時、この父の 「さがしく かかれ~」という言葉を
かみしめています。

今年父からもらった、
とても大切にしたい、愛のある言葉です。

☆青雲アモーレ・エピソード2006~ プレゼントキャンペーン  
Posted by まるみ at 14:31Comments(18)エッセイ

2006年11月13日

「2人の瞳に輝く雫」

雫サポーターのみなさん、お待ちどうさまでした♪
「夫婦de雫」では、
「2人の瞳に輝く雫☆エピソード大賞」キャンペーン
開催しています。

結婚生活で「ひとしずくの涙」をこぼしたエピソードを
お知らせください!という企画です。
ステキな企画ですね。  続きを読む
Posted by まるみ at 15:09Comments(28)エッセイ

2006年03月25日

キレイな女性って?

キレイな女性ってどんな女性?という
お題をいただきました。

私の中できれいな女性というと、
外見は、お化粧も濃くなく、
素顔の美しい人。
そして、目が優しい女性
キレイだと思います。
どんなに塗っても飾っても
その人の持っている本当のものって
目を見ると分かるような気がします。

なので、キレイな女性とは
心美人の人だと思っています。

夫には口応えせず、
いつもニコニコ、
怒鳴ったりせず、
微笑みをいつも忘れない。
あ〜〜、そんな女性に私もなりたい。

ブログルポコンテストに参加しています。
どうぞよろしくお願いします!

☆前回の「強い女性」では、みなさんのご支持を得て
 17位になることが出来ました♪
 ありがとうございます。
 これからも、まじめに取り組んでいきたいと思っていますので
 どうぞよろしくお願いします!

★ 『キレイな女性』記事コンテスト参加中

この記事を評価する←ポチっと押して評価ください!


コンテストは、 書いてキレイになるブログ 『arekao my style blog』の協賛で開催中です。


  
Posted by まるみ at 10:14Comments(17)エッセイ

2006年03月07日

「母の指輪」

私の母は、自分の物には全然お金をかけない人だった。

こんなエピソードがある。
父が、母のためと思って、職場に売りにきた貴金属店の人から
指輪を買って、ホクホクして家に帰ったそうだ。
どんなに母が喜ぶだろうかと思って。

そうしたら、母は喜ぶどころか、怒ったそうだ。
「こんな高いもの、もったいない!返してきてください。」
父はびっくり!代わりに父の時計を買ったそうだ。

そんな母だったが、とても大切にしていた指輪が二つあった。
細身でとても好きで大事にしていた。  続きを読む
Posted by まるみ at 20:23Comments(13)エッセイ

2006年03月01日

強い女性

今回のブログルポのコンテストのお題は「強い女性」

みなさんは、強い女性というと、どんな女性を思い浮かべますか?
女性なのに、男性顔負けの仕事をしている人、
ボディビルダー(笑)
政界などでガンガン発言している人。

いろいろとありますよね〜。
今は、女性の方が男性よりも強い!と言われている時代。

私の中で「強い女性像」と言うのは、
表向きの強さ、ではなくて、「内面的な強さを持つ女性」だと思うのです。  続きを読む
Posted by まるみ at 23:46Comments(12)エッセイ

2005年08月28日

「何でも楽しみましょう!」

友人と話していた時のこと。
「年を取るとボキャブラリー不足になるよね。」
という話になった。確かに言えてる。五十代の夫は
「うれしい」と言うのを「うるせぇ」と言ってしまう。  続きを読む
Posted by まるみ at 21:48Comments(14)エッセイ