さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年03月07日

「母の指輪」

私の母は、自分の物には全然お金をかけない人だった。

こんなエピソードがある。
父が、母のためと思って、職場に売りにきた貴金属店の人から
指輪を買って、ホクホクして家に帰ったそうだ。
どんなに母が喜ぶだろうかと思って。

そうしたら、母は喜ぶどころか、怒ったそうだ。
「こんな高いもの、もったいない!返してきてください。」
父はびっくり!代わりに父の時計を買ったそうだ。

そんな母だったが、とても大切にしていた指輪が二つあった。
細身でとても好きで大事にしていた。
ある日、義母が「それ貸して。」と言って、二つの指輪を
持っていったそうだ。ほどなく帰ってきたら、
二つの指輪が一つの太い指輪に加工されて戻ってきた。

3.7 指輪1.JPG

母はびっくりしたそうだ。
本当は細い指輪が好きだったのだが、
義母は、太い指輪の方が立派でいいと思い、
喜ばせようと思って加工してきたそうだ。

悲しい顔をしていた母の姿は今も覚えている。
でも義母の気持ちを慮って、その指輪はいつも
肌身離さずつけていた。

そんな思い出の品の母の指輪。

母が亡くなって16年経つけれど、
それは実家のタンスに大事にしまってある。

3.7 指輪2.JPG

実家に来て、出してみて指にはめてみると大きい。
中指にはめてもぶかぶかだ。
母ってこんなに指が太かったのかな?と
フフフと笑ってしまう。

20年経ったら、この指輪、母の好きな細い指輪に
加工し直して、
姉と一つずつ、はめたいなって
密かに思っている。
天国の母も、喜んでくれるかなあ。

サラヤさんでは
第4回トラックバックキャンペーンを開催しています。
お題は「手に輝く“指輪”にまつわるエピソードを教えてください。」です。
エピソードは、どなたにでもあるはずですよネ。
よかったら、参加してみてくださいネ。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(エッセイ)の記事画像
先入観念に ご用心・・・
「あなたの赤い絲物語~絆~」入賞作品展が開催!
あなたの赤い絲物語~絆~で「青函ツイン賞」を受賞しました。
同じカテゴリー(エッセイ)の記事
 先入観念に ご用心・・・ (2014-06-14 14:38)
 「あなたの赤い絲物語~絆~」入賞作品展が開催! (2010-04-19 22:29)
 あなたの赤い絲物語~絆~で「青函ツイン賞」を受賞しました。 (2010-04-06 14:18)
 第7回懐かしの青春メロディーを語ろう!【別れ】に参加します! (2010-03-23 00:30)
 さがしく かかれ~ (2006-11-23 14:31)
 「2人の瞳に輝く雫」 (2006-11-13 15:09)
この記事へのコメント
みんなが善意で・・・それがかみ合わない時もあるね。それでもやっぱり、根っこに善意があるから、いいお話が出来るんですね。
一票投じますよー。
Posted by nanako at 2006年03月07日 21:11
ありがとうございます!
久し振りに母の指輪をはめてみて
ぶかぶかで面白かったです(笑)

「善意」・・・そうですね、
サラッと書いたので
あんまり考えないで書いていたのに
nanakoさんに言われてみると
確かに、ここに登場する人物は
全員、善意でしている行動ですね〜。
うんうん、nanakoさんに1票!(笑)
Posted by のぐちまるみ at 2006年03月07日 22:23
nanakoさんに続いて投票済ませました

細い二つのリングがまるみちゃんとまる姉さんの指に輝いたら エントリーしてね!

お金が無かった弟は 婚約指輪をステンレスで
作ってあげました
ちょっとうらやましかった姉です

その後。。。銀婚式でダイヤの指輪を貰った
義妹「(弟が)クレジットで買ったから 貰った気がしない」(笑)
ま、いいしょ ねぇ〜〜

トイレをノックするのに邪魔になりそうで
指輪をしない私ですぅ (笑)
Posted by ターン at 2006年03月08日 10:23
私もまるみさんのお父様と同じようなことをしたことがあります。母の誕生日の日に丸い6号のケーキを買って帰ったのですが、喜んでくれると思っていたのに、「もったいない。もうやめてね」と言われて、がっかりしたのを覚えています。父もそのときいたので、気を遣っていたのかもしれませんが、一応そのケーキはみんなで食べました。
指輪ステキなアイディアですね!
お母様もとっても喜ばれると思いますよ。
Posted by ゲスト at 2006年03月08日 13:30
ありがとうございます!
20年だから、、、あと4年後に
ブログが続いていたら
エントリーしますネ(笑)

婚約指輪をステンレスっていうの
いいですね〜
何だかジ〜ンとしちゃう!
そして銀婚式でダイヤですか!
いいですね〜〜!!

「トイレのノックと指輪」で
エッセイが書けそうですね!(笑)
Posted by のぐちまるみ at 2006年03月08日 20:38
「もったいない」っていう言葉って
時には人の心をがっかりさせることも
あるんですよね。
相手の懐を心配してよかれと思って
言っている言葉なんですが
う〜ん、言葉って難しいな〜って
思いますネ。

母が喜んでくれるとおっしゃってくださった
佐保さん!
ありがとうございます!
その言葉がとても嬉しかったです!
Posted by のぐちまるみ at 2006年03月08日 20:40
相手の立場にたって、物事を考えて行動する。っていうのが、大事だな。と改めて思いました。
おかあさまは、奥ゆかしい方ですね。
ステキな方だったのでしょうね。
Posted by ゲスト at 2006年03月08日 22:12
 まるみさんのエントリーはもちろんのことみなさんのお話を他人事のようには思えず我事のように読ませていただきました。特に指輪の話には敏感になってしまうのでこちらに置いておきまして(笑) 世の中を丸く収めるには誰かの我慢の上に成り立っているんだなぁ〜って、その我慢の受け止め方が人によって違うわけで「相手を思いやり自分の想いをそっと引っ込められる人」「そっと引っ込めた振りをして実は根っこに引っかかりが出来てしまうひと」「我慢してるんだぞ!って言って我慢できないひと」・・・まるみさんのお母様がそうだったように優しい強さのあるひとになりたい私です。
Posted by ゲスト at 2006年03月08日 22:46
>相手の立場に立って物事を考えて行動する
本当に簡単なようで、難しいですよね!

母は、本当に昔の女性を絵に描いたような
人でしたね〜。
自分で言うのも何ですが、
母のような人に出会ったことがありませんネ。
Posted by のぐちまるみ at 2006年03月09日 09:07
ようこさんのお言葉、ひとつずつ
かみしめながら読ませていただきました。
我慢については、
「相手を思いやり自分の想いをそっと引っ込められる人」
こんな強い人になりたいけれど、
現実はなかなかどうして。。。(苦笑)
少しずつでも進歩できたらいいと
思います!

指輪の話題を書いていて、
私もやはり、ようこさんのことを
思い出していました〜〜。
Posted by のぐちまるみ at 2006年03月09日 09:10
ネットでオーダーメイドの指輪が買える
モンデラって知ってますか?

http://www.mondera.co.jp/index.aspx

現在期間限定クリスマスラッピングを
サービスしてくれるみたいだから、
プレゼントにも最適だし、巷でウワサの
『ル・ショコラ・デュ アッシュ』の
トリュフチョコを購入者全員に期間限定で
プレゼントしてくれるみたいです。

アメリカでは、ブリトニーや、J-Lo、
メアリー・J・ブライジとか
セレブが愛用しているってことなんで、
日本でもそろそろブレイクしそうな気が・・・。

色々なジュエリーの情報満載なサイトなので、
是非一度覗いてみてください~!
Posted by haru at 2006年12月06日 10:55
なんだかとてもいい話でした。
Posted by きら at 2008年11月07日 16:13
☆きらさんへ!

ありがとうございました!
Posted by まるみ☆ at 2008年11月07日 22:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
「母の指輪」
    コメント(13)